大会・部門別研究会

産業・組織心理学会 第37回大会

浜風そよぐなか、熱い議論を、対面で!

 産業・組織心理学会第37回大会を、9月3日(土)・4日(日)の両日に開催いたします。関東学院大学が主催する初めての大会となります。また、横浜で開催するのも初めてです。学会大会は、一昨年度は中止となり、昨年度はオンラインでの大会となりました。今回は、対面式の大会とする予定です。もちろん、新型コロナの感染拡大によっては、急遽変更せざるを得ない場合もあるかもしれませんが、久々に皆様と顔を合わせて、活発な議論を展開したいと考えています。
 横浜について皆さんどのような印象をお持ちでしょうか。港町、異国情緒、横浜中華街など思い描かれるかもしれません。今回の大会主催校の関東学院大学は横浜の南端に立地します。八景島シーパラダイスが近くにあり、その先には東京湾が広がります。また、キャンパス名にもありますが、金沢地区の風景の美しさを「瀬戸秋月(せとのしゅうげつ、瀬戸神社)」など「金沢八景」も知られています。その面影が今もほのかに残っています。一方で、鉄道ファンにはお馴染みの鉄道車両メーカーの「総合車両製作所」や世界的な自動車メーカーの「日産自動車」の追浜工場など、さまざまな製造工場が林立する地域でもあります。
 今回の大会では、研究発表は口頭発表とポスター発表の2部門を設けています。また、公開シンポジウムやワークショップも開催する予定です。昨年度の大会では、新型コロナウイルス感染症に関わるテーマのシンポジウムやワークショップが開催されました。今年度のシンポジウムでは、リモートワークあるいはテレワークの仕事環境に慣れつつも、そこでの業務遂行時の違和感などを取り上げてみたいと考えています。そして、懇親会も予定しています。ただ、今回は懇親会費を設定しました。大変申し訳ないとは存じますが、大会運営にご協力賜れば幸いです。
 また、これまで冊子版を、年会費を事前納付された皆様に無料で配付していましたが、今大会では、発表論文集をPDF化し大会ホームページから無料でダウンロードして頂けるサービスを提供します。大会中はタブレットやPCにてご参照いただくとともに、今後は発表論文集をデータベース化して、過年度の発表論文集を検索可能とするサービスを予定しています。  新型コロナウイルス対策を万全にして大会を運営いたしますので、ご安心してご参加ください。
 大会実行委員一同心を込めて準備してまいりますので、たくさんの皆様のご参加をお待ち申し上げます。

第37回大会実行委員長 細田 聡

 

【1】会期・会場

会期:2022年9月3日(土)・9月4日(日)
会場:関東学院大学 金沢八景(室の木)キャンパス
(〒236-8501 神奈川県横浜市金沢区六浦東1-50-1)
【最寄駅からのアクセス】
https://univ.kanto-gakuin.ac.jp/about-university/location.html
■ 京浜急行線 金沢八景駅下車
 徒歩 約20分
 京急バス「関東学院循環」約4分/「関東学院東」下車すぐ

 

【2】主要プログラムの予定

(1)研究発表(口頭・ポスター)
(2)ワークショップ
(3)公開シンポジウム
(4)会員総会
(5)懇親会
*大会プログラムの詳細については、「第2号通信」(7月下旬)でお知らせします。

 

【3】会員総会・懇親会

会員総会は大会初日(9月3日)午後に行う予定です。また、懇親会についても初日(9月3日)夕刻に行う予定です。

 

【4】研究発表の要領

研究発表は未発表のものに限ります。

倫理規定および利益相反について
・発表される研究は、研究上の倫理的配慮がなされたものでなくてはなりません。人および動物が対象である研究は、倫理的に配慮された旨を本文中に明記してください。なお、明記する際には施設や個人が特定されないよう留意をお願いします。
学会HP上の「産業・組織心理学会倫理綱領」を参照してください。
・発表に際し、利益相反に関する自己申告を行わなければなりません。
利益相反とは、研究にバイアスをもたらす可能性のある利害関係のことです。
表示方法は学会HP内の「産業・組織心理学会における利益相反(COI)に関する規程」を参照してください。
なお、利益相反の有無は、発表の判定に影響しません。

(1)研究発表の形式:研究発表は、口頭またはポスターで行います。
(2)発表申込と発表論文集原稿の送付:研究発表を希望される方は、ページ下部からお申し込みください。
後日「原稿作成要領」と「発表計画書」をEメール添付にてお送りします。それに沿って、口頭発表は、論文集2ページ(図表と引用・参考文献を含む約3,000字)か、4ページ(図表と引用・参考文献を含む約6,000字)のいずれかを選択し、論文におまとめください。ポスター発表は、2ページ(図表と引用・参考文献を含む約3,000字)におまとめください。
「発表論文集原稿」は6月30日(木)(厳守)までにEメール添付にて大会実行委員会事務局
(kgu@jaiop.jp)までお送りください。
(3)口頭発表時間:発表者1人の持ち時間は30分(発表22分、質疑・討論8分)の予定です。
使用できる投影機器は会場に備え付けのプロジェクタに限らせていただきます。
(4)ポスター発表時間:1発表あたり60分の予定です。
(5)発表の要件:論文集への論文掲載、大会当日の口頭発表もしくはポスター発表、および質疑・討論への参加の3つの要件を満たすことによって、発表が公式に認められます。
連名発表者も討議に参加することが必要です。
(6)配布資料:発表当日に資料配布を希望される方は、資料を50部程度事前にご用意いただき、 当日各会場にて係の者にお渡しください。

 

【5】優秀学会発表賞

優秀学会発表賞にエントリーされる方は、「大会ホームページ」の所定欄にご記入ください。ご記入の上、チェックリスト(署名を含む)を併せてご提出ください。なお、口頭発表の論文集は2ページまたは4ページのいずれかをお選びください。応募資格やその他詳細については以下よりご確認ください。
>優秀学会発表賞

 

【6】会員の方の研究発表

研究発表者(責任発表者・連名発表者)になるためには、以下の5つの条件を満たすことが必要です。

(1)2022年6月30日(木)現在、産業・組織心理学会の個人会員または名誉会員であること(本学会では、正会員のことを個人会員と称します)。
(2)2022年度までの学会費を納入済みであること。
(3)「大会ホームページ」で5月31日(火)中に申込を完了していること。責任発表者は、「論文集原稿」と「発表計画書」を6月30日(木)(厳守)までに送付済みであること。
(4)「大会参加費」を7月31日(日)までに前納していること。
(5)研究発表の責任発表者(単独発表を含む)となるのは1人1回に限ります。連名発表者になる場合はこの限りではありません。

 

【7】非会員の方の研究発表

(1)非会員の方でも連名発表者になることができます。この場合、責任発表者は、非会員の方の連名発表申し込みと「非会員連名発表費(1名につき¥10,000)」を納入することが必要です。非会員の方はなるべく「個人会員」になられて、大会に参加されますようお勧めいたします。
(2)2022年4月30日(土)現在で産業・組織心理学会に未入会の方が、研究発表(責任発表)を希望される場合は、すみやかに入会審査を受けることが必要です。
学会ホームページから直接お申込みいただくか、入会案内を学会事務局にご請求ください。入会申込期限は5月31日(火)です。
>入会案内ページ
〒161-0033 東京都新宿区下落合4-9-22 日東印刷内 産業・組織心理学会事務局
電話:03-6908-1301 (学会専用)Eメール:jaiop@nittop.co.jp

 

【8】研究発表申込

(1)研究発表者は、ページ下部のお申し込みボタンより、フォームに必要事項をもれなく入力の上、5月31日(火)までにご登録ください。「発表計画書」と「発表論文集原稿」を作成の上、6月30日(木)までにEメール添付にて大会実行委員会事務局(kgu@jaiop.jp)までお送りください。
(2)「発表計画書」に基づいてプログラム(発表セッションの配置等)を作成しますので、発表題目は正確に書いてください。また、発表内容を表すキーワードを3つ程度書いてください。
(3)会員で研究発表者の方は、大会予約参加費(¥6,000)を、振替用紙にて7月31日(日)までに振り込んでください。振替用紙はこの第1号通信に同封されております。
(4)非会員連名発表者のいる責任発表者の方は、非会員連名発表費(1名につき¥10,000)も、あわせて納入してください。

 

【9】大会予約参加申込(発表申込者を除く)

大会参加のみの予約を希望される方は、ページ下部より7月31日(日)までにご登録ください。また、大会予約参加費(¥6,000)をこの第1号通信に同封されている振替用紙にて、7月31日(日)までに振込をよろしくお願いします。7月31日(日)を過ぎた場合には、大会当日受付にて大会参加費(¥8,000)をお支払いください。

 

【10】発表論文集

今大会は、発表論文集を大会ホームページからPDFファイルとしてダウンロードできるサービスを提供いたします。電子ファイルで持ち運べる利便性に加え、資源の節約や学会の財務状況の改善に寄与できると考えています。このPDF版の論文集は年会費納入済みの会員の皆さまが無料でダウンロードできます。
また、発表論文集のデータベース化を予定しています。以前の大会発表で、だれが、どのようなテーマで、その内容はどうだったか、など容易に検索できる仕組みを学会として考えているところです。
そして、発表論文集をPDF・データベース化を行うため発表論文の「著作権譲渡」が必要となります。発表論文についての著作権は、原則として学会に帰属されることの同意をお願い致します。
研究発表申込フォームへの入力時に、著作権譲渡の同意の有無についてご回答いただく予定です。
なお、従来の冊子版を希望される方は大会実行委員会事務局(kgu@jaiop.jp)まで、7月31日(日)を期限としてご連絡ください。

 

【11】懇親会の参加予約

懇親会は大会初日(9月3日)の夕刻に開催の予定です。参加を希望される方は、「大会ホームページ」上の所定欄にご記入の上、予約をお願いします。懇親会費は4,000円となります。

 

【12】大会参加にかかる費用

(1)大会参加にかかる費用は、それぞれ以下のとおりです。
(2)大会関係の諸費用には「予約前納」と「当日納入」があります。「予約前納」は、7月31日(日)までに、この第1号通信に同封されている振替用紙によって納入された場合の特典です。

費目 種別 予約前納 当日納入 備考
大会参加費 個人会員 ¥6,000 ¥8,000 年会費納入者
個人会員(大学院生) ¥4,000 ¥8,000 年会費納入者
個人会員(70歳以上) 無料 年会費納入者
法人会員 ¥6,000 ¥8,000 1口1名
名誉会員 無料
非会員(当日会員) ¥8,000  
論文集 PDF版ダウンロード無料 冊子版:事前申込
発表費 無料  
非会員連名発表 ¥10,000  
懇親会費 ¥4,000 事前予約

振込先郵便振替口座番号 00170-0-512186 加入者名 産・組心大会準備委員会

※大会参加費前納割引の適用は、名誉会員を除き当年度までの年会費を完納していることを条件とします。未納の場合は割引適用されません。年会費も大会当日徴収させていただきます。
※懇親会については、当年度までの会費を当日までに完納していることを条件に参加できます。
ただし、準備の都合上、事前予約が必要です

 

【13】領収証の発行

領収証は、大会当日受付にて発行致します。それまでは「振替受領証」を大切に保管して下さい。

 

【14】大会までの日程

(1)研究発表申し込み締切 5月31日(火)
(2)発表計画書&論文集原稿提出締切 6月30日(木)
(3)大会予約参加申し込み締切 7月31日(日)
(4)大会参加費・研究発表費の前納期限 7月31日(日)
(5)大会プログラム(第2号通信)の送付 7月下旬(予定)
(7)産業・組織心理学会第37回大会会期 9月3日(土)・9月4日(日)

 

【15】大会についてのお問い合わせ連絡先

大会に関するお問い合わせ連絡先は下記の通りです。
〒236-8502 神奈川県横浜市金沢区釜利谷南3-22-1 関東学院大学 社会学部 細田聡 研究室内
産業・組織心理学会第37回大会 大会実行委員会事務局 E-mail:kgu@jaiop.jp

研究発表申し込み締切:5月31日(火)  大会予約参加申し込み締切:7月31日(日)

PAGETOP