大会・部門別研究会

第154回 部門別研究会(人事部門)「人材開発のこれから」

テーマ
企業におけるこれからの人材開発のありかたについて考える
開催日時
7月 27日(土) 14:00-16:30
開催場所
ハイブリッド(対面とオンラインの同時開催)
対面:九州大学日本橋サテライト(日本橋ライフサイエンスビルディング9階)
オンライン:Zoomウェビナー
参加費
会員・非会員とも無料
概要
ビジネスや社会における課題は年々複雑化・多様化しており、解決が困難になっている。そのような状況下では、課題解決のために一人一人が柔軟に変化に適応しながら活躍することが求められる。特にビジネス環境の変化は激しさを増しており、早急に変化に対応しなければ、組織の生き残りが難しい状況にある。今後の企業の競争力を左右する要因の一つは、タイミングを見据えた人材開発にあると言っても過言でない。

 本研究会では、今後の日本企業の人材開発について、アカデミックと実務の両面から考える機会としたい。法政大学の佐藤厚先生は、企業の人材開発について、時代を通じた変遷や国外の状況など、様々な視点から研究を続けてこられた。佐藤先生からは、学術的な視点から企業の人材開発を概観して頂くとともに、ご自身の研究も踏まえ、今後の日本企業の人材開発について研究や実務で検討すべき視点に関してお話し頂く。

 富士通ラーニングメディア社の佐竹秀彦様は、ビジネスや社会環境の変化に適応するべく、富士通における人材開発のあり方についてデザインし、実行されてきた。また現在は多くの会社の人材開発をサポートする立場でもあり、実務において変化適応に効果的な人材開発とはどのようなものか、またその実現に向けて超えるべき課題には何があるかなどについてお話を伺う。

今後の日本企業の人材開発に関して、異なる立場のおふたりの話題提供を受け、フロアも交えながら活発な議論ができればと考えている。
話題提供者(敬称略)
佐藤 厚 法政大学キャリアデザイン学部 教授
佐竹 秀彦 株式会社富士通ラーニングメディア 代表取締役社長
司会
産業組織心理学会 常任理事
株式会社リクルートマネジメントソリューションズ 主幹研究員 今城志保

PAGETOP