大会・部門別研究会

第144回部門別研究会(組織行動部門)「COVID-19とワークライフバランス」

テーマ
COVID-19とワークライフバランス
開催日時
2022年3月19日(土) 14:00~16:00
開催場所
Zoomウェビナー形式によるオンライン開催
概要
COVID-19の感染拡大は、私たちの生活に多大な影響を与え続けている。最も大きく変化したものの一つが、私たちの働き方であろう。テレワークには、通勤から解放され、自分のペースで仕事を進められるというメリットはあるが、半面、仕事とプライベートとの境界があいまいになる傾向がある。また、この間、過重な負担を強いられてきたのが、医療や介護などいわゆるエッセンシャルワーカーと呼ばれる人たちであり、彼らが従事する仕事の重要性を再認識する機会ともなった。
さらに、パンデミックを契機にワークライフバランスの考え方そのものを見直そうという動きもある。仕事とプライベートの対立を緩和し、その調和をはかろうとするワークライフバランスという考え方のもとでは、ある意味、仕事とプライベートは交わることのない二つの要素としてとらえる傾向にあった。近年提唱されているワークライフ・インテグレーションという考え方では、両者を分ける線引きをなくし、仕事とプライベートが一体化する中で、人生の充実があるとされる。今回の部門別研究会では、パンデミックがもたらした仕事とプライベートの変化について、様々な視点から議論をおこないたい。
①「テレワークとワークライフバランス」
下崎 千代子(元 兵庫県立大学 教授)
②「エッセンシャルワーカーのワークライフバランス」
大竹 恵子(京都先端科学大学経済経営学部 講師)
③「ワークライフバランスからワークライフ・インテグレーションへ」
中村 艶子(同志社大学グローバル・コミュニケーション学部 教授)
企画・司会
久保 真人(同志社大学政策学部・総合政策科学研究科 教授)
参加費
無料(会員・非会員とも)
申込み
事前申し込み制

PAGETOP