表彰

優秀学会発表賞

産業・組織心理学会 優秀学会発表賞制度について

ご承知のように、産業・組織心理学会は平成26年度に創設30周年を迎えました。この間常任理事会を中心に、30周年に行ったさまざまな企画のほかに、30周年を基点とした今後の30周年のための企画を検討してまいりましたが、検討の結果、若手研究者支援のための優秀学会発表賞の制度をスタートすることになりました。 本制度は年次大会における若手の研究者の発表のうちから、優れた研究成果の発表に賞を贈るものであり、その目的は、若手研究者支援制度とともに、産業・組織心理学研究者の育成にあります。ぜひ多くの皆様のご登録をお待ちしております。年次大会1号通信をご覧いただき、WEBにて学会発表の登録をお願いします。 登録資格などの詳細につきましては、「産業・組織心理学会優秀学会発表賞規程」および「産業・組織心理学会優秀学会発表賞細則」をご覧ください。

制度の詳細は「JAIOP 優秀学会発表賞 (規程・細則)[PDF]」をダウンロードしてご確認ください。

■ 2021年 優秀学会発表賞 受賞者

堀田彩・相馬敏彦・原口恭彦 :

「上司サポートの分化と離転職意思の関係におけるサーバント・リーダーシップの調整効果の検討」

姚静雅・金井篤子 :

「中国の新入社員におけるプロアクティブ行動がLMXに及ぼす影響における上司の権力格差の調整効果」

佐藤百合香 :

「自律性と役割の明確さがワーク・エンゲイジメントに及ぼす影響-従業員の専門性・スキルの観点から-」

■ 2019年 優秀学会発表賞 受賞者

秋保亮太

「安全の現場に求められるリーダーシップ機能に関する研究」

宮本知加子

「目標志向性とLMXがフィードバック探索行動に及ぼす影響」

■ 2018年 優秀学会発表賞 受賞者

金本麻里

「コーピングによるストレス反応の改善効果―2年間のデータを用いた縦断的検討―」

後藤凜子

「個人の制御焦点と職務内容の制御適合がワーク・エンゲイジメントに与える影響」

松下将章

「職場の集団規範と同僚の忙しさが従業員の援助要請に及ぼす影響」

■ 2017年 優秀学会発表賞 受賞者

岡田安功・宮地由芽子

「駅係員と利用者のトラブルの実態把握—駅係員の被害経験と対応方法の関連の検討—」

大嶋玲未・廣川佳子

「日本企業の意思決定における組織内政治の機能の検討」

■ 2016年 優秀学会発表賞 受賞者

宮川えりか・川久保惇・小口孝司

「大学時代の旅行経験が人事評価に及ぼす影響」

王瑋・坂田桐子

「水平的管理がワークストレスに及ぼす影響についての検討」

陳迪・大塚泰正・金井篤子

「仕事の要求度ー資源モデルを用いたワーク・ファミリー・コンフリクト/ファシリテーションに関する検討」

PAGETOP