表彰

優秀論文賞

産業・組織心理学会では、今回、産業・組織心理学の発展に特に重要な貢献をした論文を顕彰することを企図して、新たに優秀論文賞を創設します。

産業・組織心理学会は1985年に設立されましたが、学会の発展に長年尽力された、山田雄一先生、関本昌秀先生、正田亘先生、馬場昌雄先生の歴代会長より、2004年に今後の本学会を担う後進の育成への想いを込めて学会に寄付を頂き、これを「山関正馬祈念基金」としてお預かりしておりました。このたび4名の歴代会長の意志を具現化するために、新たに優秀論文賞を創設し、これを授与することとします。

そして、優秀論文賞を受賞した会員のさらなる研究の発展を祈念して、「山関正馬祈念基金」から副賞をお贈り致します。

——————————————————————————–

優秀論文賞 第一回 受賞者決定

◇著 者
池田 浩(九州大学)
秋保亮太(大阪大学)
金山正樹(原子力安全推進協会)
藤田智博(原子力安全システム研究所)
後藤 学(原子力安全システム研究所)
河合 学(原子力安全システム研究所)

◇論文名:
安全の現場に求められるワークモチベーション:安全志向的モチベーションの効果とその源泉としての自己価値充足モデル

◇掲載号: 
産業・組織心理学研究 第34巻 第2号, 133-146.

——————————————————————————–

優秀論文賞選考規程

PAGETOP