終身会員の創設について

終身会員の創設について

産業・組織心理学会は2019年の総会におきまして、以下のように、終身会員の創設を決議しました。

名称   終身会員
条件   満70歳以上、かつ個人会員歴30年以上の個人会員
承認方法 本人の申し出により理事会の承認に基づき決定される。
* 終身会員は①会費が免除され、②選挙権および被選挙権はありません。

 これに伴う会則、細則の改訂は以下の通りです。 終身会員への移行をご希望の会員は終身会員申請書にご記入のうえ、事務局にご申請ください。終身会員への移行は理事会の承認を経て、申請の翌年度からとなります(申請締切:2月末日事務局必着)。

申請書ダウンロード[Word]

 

(以下修正部分下線) 産業・組織心理学会会則

 第2章 組織と運営 第4条 この学会の会員は個人会員、法人会員、名誉会員及び終身会員とする。
 個人会員は、(1)産業・組織心理学あるいはこれに関係ある分野において、教育、研究に従事している者、(2)産業・組織心理学に関連のある分野において満3年以上の実務経験を有する者、(3)産業・組織心理学に関連のある研究分野の大学院生、(4)その他、常任理事会において 特に認めた者とする。
  法人会員は、この学会の趣旨に賛同し、その事業にも参加を希望する法人とする。
 名誉会員は、この学会の目的達成に関し多大の功績を有する70 歳以上の会員の中から、理事会の発議により、総会の決議に基づき決定される。

 終身会員は、満70歳以上、かつ個人会員歴30年以上の個人会員で、本人の申し出により理事会の承認に基づき決定される。

附 則
1.会則は昭和 60 年 11 月 15 日より施行する。 本学会設立日より 3 年間は、本学会の運営は発起人中より選出した役員により 行うものとする。
2.昭和 63 年 11 月 15 日改定施行する。
(中略)
9.2019 年 9 月 1 日改定施行する。

産業・組織心理学会会則細則

(役員選出規定)
第5条 新役員の選出は、改選年度の常任理事会の責任において実施される。常任理事会は選挙管理委員を指名し、選挙管理委員会に選挙の執行管理を委嘱するものとする。
1.選挙管理委員会は投票日の3ヶ月以内の会員名簿により選挙台帳を作成する。この選挙台帳に基づき、郵便による無記名投票で選挙を実施し、投票年の 12 月までに理事会に選挙結果を報告する。選挙台帳には、下記の者を除く被選挙者の氏名を記載する。
 1) 法人会員、名誉会員及び終身会員
 2) 会費を2年度にわたり納入していない者
2.理事及び監事選挙の投票有資格者は、選挙台帳記載者とする。

(名誉会員規定)
第9条 名誉会員の会費は徴収しない。

(終身会員規定)
第10条 終身会員の会費は徴収しない。

附 則
1. 本細則は 1995 年 9 月 15 日より施行する。
2. 2003 年 9 月 11 日改定施行する。  
3. 2019 年 9 月 1 日改定施行する。

  • HOME
  • 大会・部門別研究会情報
  • NEWS
  • 産業_組織心理学会とは
  • JAIOP研究支援制度
  • 論文閲覧
  • 論文投稿
  • 入会について
  • お問い合わせ
  • 会員専用お問い合わせ
  • 終身会員
  • 35周年記念出版
  • 優秀学会発表賞制度
  • 産業・組織心理学会 第36回大会