NEWS

NEWS

2019.12.06

大阪大学大学院人間科学研究科、助教公募のお知らせ

大阪大学大学院人間科学研究科では、心理学(産業心理学、交通心理学、認知心理学、社会心理学)、人間工学を専門とする助教(任期付き)を公募します。
詳しくは下記URLをご確認ください(応募締切2020年1月6日必着)。

https://www.hus.osaka-u.ac.jp/ja/node/1571

2019.10.09

大阪府立大学、専任教員(教授:社会心理学)公募のお知らせ

このたび,大阪府立大学大学院人間社会システム科学研究科では,2021年4月1日着任予定の専任教員(教授)1名を公募します。
公募内容は以下の通りです。

大阪府立大学大学院人間社会システム科学研究科,専任教員(教授)
専門分野:社会心理学
着任予定時期:2021年4月1日
応募締め切り:2019年11月5日(火曜日)(必着)
公募要領は以下のURL(またはJREC-IN)を参照してください。
http://www.osakafu-u.ac.jp/public_notice_category/recruit_faculty/

2019.08.05

『産業・組織心理学研究』電子ジャーナル化(J-STAGE登載)のお知らせ)

会員各位

この度、産業・組織心理学会の機関誌『産業・組織心理学研究』に掲載されている論文のうち、第22巻第1号(2008年9月刊行)以降に刊行された論文が電子ジャーナルとしてJ-STAGEにて公開されました。

会員を問わずどなたでも無償で閲覧・ダウンロードしていただけます。

なお、第21巻第2号以前に掲載された論文についても、著作権への対応を進め来年度を目処に公開の予定です。

どうぞご活用下さい。

https://www.jstage.jst.go.jp/browse/jaiop/list/-char/ja

2019.05.23

専任准教授又は専任講師の公募(明治大学政治経済学部)

明治大学政治経済学部では、「産業心理学・消費心理学」の専任教員の公募を開始しました。詳細につきましては、以下のリンクをご覧ください。応募ならびにご推薦をお待ちしております(応募締切2019年7月26日必着)。

https://www.meiji.ac.jp/seikei/6t5h7p00000irgah-att/a1557977622554.pdf

https://jrecin.jst.go.jp/seek/SeekJorDetail?fn=3&id=D119050711&ln_jor=0

2019.05.21

産業・組織心理学会 第36回大会(来年度)開催のご案内

会期:2020年9月5日(土)・9月6日(日)

会場:同志社大学良心館


詳細が決まり次第ご案内いたします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019.04.05

新しい編集事務局の御案内

今年度より編集事務局が下記に変更になりました。つきましては、「産業・組織心理学研究」に新しく論文をご投稿されるさいには、下記にお送り願います。

『産業・組織心理学研究』編集委員会事務局
〒819-0395 福岡市西区元岡744
九州大学大学院 人間環境学研究院 池田研究室内
池田 浩 宛
E-mail: jaioped@hes.kyushu-u.ac.jp

会員の皆様による論文のご投稿を心よりお待ちしております。

九州大学 池田浩

 

2019.03.19

教授・准教授の公募(立教大学・心理学科)

立教大学 現代心理学部 心理学科では、下記の教員を募集しております。
皆様からの応募をお待ちしております。また適任と思われる方、または適任者がいらっしゃる可能性のある研究機関や研究室にもお知らせいただけましたら幸甚です。

機関名 : 立教大学大学 現代心理学部 心理学科
タイトル : 教授または准教授の公募(社会心理学もしくは産業・組織心理学)
職種 : 教授・准教授
勤務形態 : 常勤
募集終了日 : 2019年05月23日(必着)

詳細につきましては下記ページをご覧ください。


URL :https://jrecin.jst.go.jp/seek/SeekJorDetail?fn=1&id=D119030219&ln_jor=0

2018.08.11

教授・准教授の公募(立教大学・心理学科)

立教大学 現代心理学部 心理学科では、下記の教員を募集しております。皆様からの応募をお待ちしております。また適任と思われる方、または適任者がいらっしゃる可能性のある研究機関や研究室にもお知らせいただけましたら幸甚です。

機関名 : 立教大学大学 現代心理学部 心理学科
タイトル : 教授または准教授の公募(産業・組織心理学 もしくは社会心理学)
職種 : 教授・准教授
勤務形態 : 常勤
募集終了日 : 2018年8月31日(必着)

詳細につきましては下記ページをご覧ください。

URL:https://jrecin.jst.go.jp/seek/SeekJorDetail?fn=1&id=D118061097&ln_jor=0

2018.07.17

京都橘大学健康科学部心理学科(臨床心理学)公募について

京都橘大学健康科学部心理学科では臨床心理学を専門とする専任教員1名を募集しております。 詳細につきましては以下のwebサイトをご参照ください。

http://www.tachibana-u.ac.jp/employment/outline_180702_3.html

2018.07.04

同志社大学 心理学部心理学科教員(臨床心理学)公募について

公募人員   教授、准教授、または助教 1名

専門分野  心理学(臨床心理学;司法・犯罪分野あるいは産業・労働分野)

担当予定科目
 司法・犯罪あるいは産業・労働に関する心理学専門科目(仮)、ならびに公認心理師法による公認心理師の資格に対応した学部・大学院教育カリキュラムにおける実習および演習科目。また、上記以外の学部および大学院科目を担当する可能性もある。

応募資格
1.大学院修士課程修了以上の方
2.博士の学位を有する方、またはそれに準ずる業績を有する方
3.司法・犯罪分野あるいは産業・労働分野における臨床経験もしくは研究業績を有する方
4.公認心理師資格を取得可能な方
5.同志社大学心理臨床センターの運営に積極的に関われる方(なお、同志社大学心理学部は京田辺校地、同志社大学心理臨床センターは今出川校地に設置されており、着任後の勤務地は京田辺と今出川の両校地にわたります。)
6.キリスト教主義教育に理解がある方

着任時期  2019年4月1日

提出書類
1.履歴書・業績書(本学所定様式) (「履歴書」に記す職歴は、常勤と非常勤(嘱託)を分けて記入してください。「業績書」に記す共著論文については第何著者なのかわかるように記載し、学会発表については、それぞれ口頭、ポスターなど形式を明示してください。)
2.主要な著作・論文3点以内(抜き刷り、コピーでも可。掲載前の論文の場合は掲載誌からの採択通知を添付のこと)
3.現在までの研究・活動概要(A4で2枚以内、フォントサイズは12ポイント以上で作成すること)
4.着任後の教育と研究についての抱負(A4で2枚以内、フォントサイズは12ポイント以上で作成すること)
5.臨床実務経験および指導経験(本学所定様式) 大学(大学院及び短期大学を含む)の教員として心理分野の教育に係る実習又は演習の教授経験を有する場合は、その内容を臨床経験に続いて記入願います。
6.(公財)日本臨床心理士資格認定協会による臨床心理士資格を有する場合は、登録カードのコピー
7.応募者に関する所見を求めうる2名の方の氏名、所属、連絡先メールアドレス、応募者との関係を記したもの(A4で1枚、フォントサイズは12ポイント以上で作成すること)

選考内容
書類選考、面接、模擬授業 第一段階として書類選考を実施し、第二段階として面接を実施の上、模擬授業を行っていただきます。第二段階の選考の詳細については後日通知いたします。なお、交通費等は応募者の負担とします。

応募期間  
2018年7月2日(月)から2018年8月31日(金)消印有効

書類提出先  
〒610-0394 京田辺市多々羅都谷1-3  同志社大学心理学部事務室 *書類提出の封筒には「心理学部教員(臨床心理学)応募」と朱書きのうえ、簡易書留で送付してください。 *応募書類は原則として返却しません。個人情報保護法にもとづき、この応募に関する個人情報は選考以外の目的に用いることはありません。応募書類は選考終了後に責任をもって廃棄します。 *履歴書・業績書および臨床実務経験・指導経験の所定様式については、本学ホームページよりダウンロードしてください。(http://www.doshisha.ac.jp/doshisha/recruit.html

問い合わせ先
同志社大学心理学部事務室  jt-snrjm@mail.doshisha.ac.jp   
*本件に関する問い合わせはE-mailのみとし、これ以外は受け付けません。学部教員応募についての問い合わせであることがわかるよう件名をおつけください。

1 2 3 5
  • HOME
  • 大会・部門別研究会情報
  • NEWS
  • 産業_組織心理学会とは
  • JAIOP研究支援制度
  • 論文閲覧
  • 論文投稿
  • 入会について
  • お問い合わせ
  • 会員専用お問い合わせ
  • 産業・組織心理学会 第35回大会
  • 優秀学会発表賞制度について