企業従業員の働くことの意味醸成プロセスに関する探索的検討

正木 澄江(筑波大学)
岡田 昌毅(筑波大学)

本研究の目的は,従業員の働くことの意味醸成プロセスを明らかにすることである。日本企業で働く30代の就業者14名を対象に,半構造化面接を実施した。分析は,修正版グランデッド・セオリー・アプローチにより行った。その結果,6カテゴリグループ,14カテゴリ,14サブカテゴリ,59概念が生成された。主な結果として,1)働くことの意味づけは,従業員が社会の中で自分の価値を見出す中で,働くことの個人的な理解を深めていくプロセスであり,2)そのプロセスは,組織における社会的関わりと仕事の実践により促進され,3)中でも,働くことの意味を促進する対人的葛藤の重要性が示唆された。

キーワード : 従業員 , 働くことの意味づけ , 意味醸成プロセス , 修正版グランデッド・セオリー・アプローチ(M-GTA)

全文の閲覧(有償)をご希望の方はお問い合わせフォームより、
事務局までお問い合わせください。

  • HOME
  • 大会・部門別研究会情報
  • NEWS
  • 産業_組織心理学会とは
  • JAIOP研究支援制度
  • 論文閲覧
  • 論文投稿
  • 入会について
  • お問い合わせ
  • 会員専用お問い合わせ
  • 優秀学会発表賞制度について