大会・部門別研究会

2016.11.17

第123回 部門別研究会 ―作業部門― 「現場の実態を把握するための観察技法」

テーマ

「現場の実態を把握するための観察技法」

日時

2016年12月10日 14:00〜17:00

会場

筑波大学東京キャンパス文京校舎 134教室
(〒112-0012 東京都文京区大塚3-29-1)
丸ノ内線茗荷谷 (みょうがだに) 駅下車「出口1」徒歩2分程度
http://www.tsukuba.ac.jp/access/bunkyo_access.html

企画趣旨

 産業・組織心理学会にとって、それぞれの研究フィールドの実態を把握することは研究のあらゆるステージにおいて重要となる。作業部門でいえば、伝統的な「作業・動作分析」があげられるが、これらは「行動観察法」の一種であるため、消費者行動部門で用いられる「消費行動分析」も同種の技法であると考えられる。組織行動部門や人事部門においても行動観察が有用である場面は想定されよう。
 本研究会では、本学会における共通した関心である観察に基づく研究技法について、改めてそれらの意義について議論を行いたい。加えて、これらの技法が一般的になんらかの定量化を伴うことに対して、人類学から発展した定性的な把握技法、エスノグラフィーについても話題提供をいただくことで、産業・組織研究の可能性を広げる議論にもつなげたい。
 これらについて、フロアからのご意見をいただきながら、実際の実務の現場での適用可能性を含めた議論につなげていきたい。

<話題提供>

1. 列車運転士の行動観察および分析 (福井県立大学 藤野秀則先生)
2. 行動観察法に基づく消費行動分析 (長岡技術科学大学 北島宗雄先生)
3. 組織にかかわるエスノグラフィーアプローチ ((株)富士通研究所 原田博一氏)

<指定討論>

芳賀繁先生 (立教大学)

<参加費>

無料 (会員・非会員とも) お気軽にご参加下さい。

<共催>

本部門別研究会(第123回:作業部門)は、筑波大学、日本認知心理学会安全心理学研究部会、日本人間工学会安全人間工学研究部会との共催です。

  • HOME
  • 大会・部門別研究会情報
  • NEWS
  • 産業_組織心理学会とは
  • JAIOP研究支援制度
  • 論文閲覧
  • 論文投稿
  • 入会について
  • お問い合わせ
  • 会員専用お問い合わせ
  • 産業・組織心理学会 第35回大会
  • 優秀学会発表賞制度について